水パーマ液 ヘアカラー 販売
パーマ液 ヘアカラー 販売
パーマ液 ヘアカラー 販売
“Den水”水素水とは
“Den水”水素システムは
商品紹介@
商品紹介A
ホームケア商品紹介
パーマ液 ヘアカラー 販売
パーマ施術マニュアル
カラー施術マニュアル
パーマ施術写真@
パーマ施術写真A
ストレート施術写真
カラー施術写真
パーマ液 ヘアカラー 販売
パーマ施術ポイント
カラー施術ポイント
パーマQ&A
カラーQ&A
パーマ液 ヘアカラー 販売
お問い合わせ
会社概要
導入サロン掲載記事
講師紹介
パーマ液 ヘアカラー 販売
 
 
 
 
 
パーマ液 ヘアカラー 販売
  ---- パーマ施術ポイント ----

ウェーブが出ない時
水素イオンパーマシステムの重要ポイントです
下記ポイントを再確認して下さい

■パーマQ&Aもご覧下さい■

   クレンジングシャンプーでしっかり洗う  

  アミノ酸系のシャンプーでは、毛髪に付いている粧剤が落ちない場合がありますから、
  必ず専用クレンジングシャンプーをお使い下さい。
  〔スキットシャンプーとシリコントールを1:1で調合〕
  毛髪の状態によっては、シリコントールを原液で使用して下さい。

◆シリコントール使用方法◆ 

   シャンプー後は必ず完全ドライにする 

  毛髪診断をしっかりと行い、必要であればうるおい水やエッセンスP等による
  前処理を行って下さい。
  ウェットの状態で付け巻きすると、水道水に入ってる塩素が毛髪の感触を悪くし、
  Den水の効果を妨げ、パーマの掛かり具合に悪影響を与えますので
  完全ドライにして下さい。


   調合薬液を浸透ムラのないようしっかり塗布する 

  調合薬液を頭髪全体にしっかり塗布し浸透させた後ワインディングして下さい。
  特に、冷暖房の風が頭髪に直接当たったりすると、調合薬液の浸透を妨げ、
  パーマが均一に掛からない原因になりますから気をつけて下さい。
  特に根元付近はドライになりやすいので注意して下さい。


   中間水洗は必ず行って下さい 

  くるっと@とくるっとAは正反対の性質を持っています。
  中間水洗は、くるっと@の作用からくるっとAの作用へと
  切り替える目的として使用します。
  中間水洗後はしっかりとタオルドライをして下さい。
  大きめのスポイトにぬるま湯を入れてセット面で流しても大丈夫です。
  (その場合はしっかりと流して下さい)
  酸リンスでも大丈夫です。


   コールド剤はシンプルなアルカリタイプを使用 

  基本的にチオコールド1本で健康毛からハイダメージ毛まで対応出来ます。
  毛髪の状況や使用する薬液等により、Den水を加減して使用します。


   定着を良くする為ブロム酸の2剤を使用 

  Den水80パーマシステムはブロム酸との相性が良く定着性もしっかりしています。
  2剤は毛先までの酸化作用を考慮し、5分毎の3度付けをします。


   ロッドを巻いた状態でうるおい水を全体に塗布 

  毛髪にしなやかさが生まれ、頭皮をすこやかな状態に導きます。
  塗布後5分間放置しますと、つややかさもアップします。


※ 注意事項

  ※“Den水80”は中の電子が移動するために くるっと@〈BH324〉は くるっとA〈RS
    648〉や うるおい〈S216〉とは必ず15cm以上距離を置いて下さい。
    お互いの電子が移動すると効果が薄れてしまいます。


■パーマQ&Aもご覧下さい■

---------------------------------------------------------------------
TOPページへ

COPYRIGHT(C)2006 株式会社エコシステムラボ ALL RIGHTS RESERVED.